①希望条件の整理

ご購入に際しての希望条件は、お客様により多岐に渡りますので、項目ごとに条件をまとめると整理しやすくなります。

たとえば・・・

  • エリア (市区町村指定、最寄り駅指定、通勤先までの所要時間指定など)
  • 物件種別 (一戸建かマンションか。マンションの場合総戸数など規模の別も)
  • 入居希望時期 (特に総戸数の多いマンションなどは、販売開始からご入居まで2年近くかかる場合もございます)
  • 広さ、間取り
  • 向き、日当たり、眺望、所在階
  • 周辺環境、商店・学校・役所など周辺施設
  • その他の希望 (ペット飼育、駐車場、共用施設の内容、管理体制など)

②物件情報の収集

インターネットやチラシ折込等で、ある程度の情報を知っておくことが大事です。

不動産会社を訪問してみる。

スタッフが物件についてご説明し、資金計画などのご相談を承ります。また、資金相談会や現地見学会などのイベントも、ぜひご活用ください。見学時には、物件そのものの特徴だけでなく、ご契約までのスケジュールや資金計画などについてもおたずねください。

また、周辺環境や学校・病院・お買い物施設などもぜひ確認していただきたいポイント。実際にご覧いただくことで、きっと、チラシやインターネットでは伝えきれなかったものも感じていただけると思います。そして、お持ち帰りいただく間取り図やパンフレットなどの資料も参考に、ご希望の区画を絞り込んでいただきます。

③内見・見学

お目当ての物件が見つかったら内見・見学へお出かけください。スタッフが物件についてご説明し、資金計画などのご相談を承ります。見学時には、物件そのものの特徴だけでなく、ご契約までのスケジュールや資金計画などについてもおたずねください。

また、周辺環境や学校・病院・お買い物施設などもぜひ確認していただきたいポイント。実際にご覧いただくことで、きっと、チラシやインターネットでは伝えきれなかったものも感じていただけると思います。そして、お持ち帰りいただく間取り図やパンフレットなどの資料も参考に、ご希望の区画を絞り込んでいただきます。

※ご来場の際には定休日・営業時間・お車の場合駐車場の有無など、予めご確認ください。
※内見・見学物件のご説明等に要する時間は、物件およびお客様のご相談内容等によって異なります。
他のご予定などによりお時間に限りがある場合はご来場時にお申し付けください。

④資金計画・各種融資

住宅の購入はとても大きな買い物。
預金など資金はどれくらいあるか、購入後月々に住居費にいくら払えるか、など
資金計画や購入後の家計計画をしっかり立てると同時に、
なぜ購入するのか・どういう住宅を購入したいのかといった目的や希望条件も整理しておくことが大切です。

⑤ご購入申込・重要事項のご説明

契約に向け諸費用や必要書類に関するご案内、ローンご利用の方の融資事前審査申込み等をいたします。

購入申込書にご記入・ご捺印をいただき購入申込が完了いたします。

主な必要書類等

  • 源泉徴収票など収入証明書(申告納税の方は、過去3年分の納税証明書、確定申告書の写しなど)
  • ご印鑑(認印で可)

重要事項説明について

ご購入が決定したら売買契約締結までの間に、ご購入物件に関する重要な事項について説明をすることが宅地建物取引業法第35条で定められています。この時にお渡しする重要事項説明書には権利関係、購入物件の法的制限、購入代金の授受の方法、万が一、契約が解除になったときの規定など物件そのものの事項だけでなく売買契約に関わる事項も記載されています。この内容は大変重要なものですので、ご不明な点や疑問に思われる点がありましたら担当スタッフにご質問ください

当日の主なお手続き

宅地建物取引士より重要事項の説明後、質問等お受けいたします。ご納得いただけましたら重要事項説明書を含む書類一式の受領書にご署名・ご捺印をいただき、重要事項の説明は完了いたします。お渡しする書類も重要事項説明の一部にあたるものとなりますので必ずご契約時までにご覧ください。 ご契約等今後のスケジュールについてご説明いたします。 通常以下のような書類をお渡しいたします。重要な書類ですので必ずご契約時までにご覧ください。

⑥ご契約

売買契約の締結です。売買契約書には売買代金の支払方法、手付金の金額、物件のお引渡し時期などについても記載されていますので、必ず内容をご確認ください。

お申込みから約3~7日後に売買契約の締結を行います。
また、手付金(原則売買金額の10%)をお支払いいただきます。
※重要なお手続きですので必ずご本人様がご来場ください。

⑦引渡し・入居に際しての各種お手続き

ここからはお引渡し・入居に際しての各種お手続き内容についてご案内致します。
こちらでご紹介するお手続き会は一般的な例となりますので、お引渡しまでのスケジュールを含め説明内容は購入物件の担当スタッフにお問合せ下さい。

各種住宅融資に関する諸手続き

  • 予め、融資申込を完了し、融資承認を取得したうえで、当日は、各金融機関の担当者が出席し直接お客様にご説明のうえ、「金銭消費貸借契約(融資のご契約)」手続きを行ないます。
  • 一旦「金銭消費貸借契約」を締結いたしますと、その後の変更はできません。

登記関係の手続き

  • 登記手続きを司法書士に委任する、委任状等の「登記に必要な書類」を作成します。
  • 「共有名義」の場合は、このお手続き会までに共有持分をお決めいただきます。
  • 登記費用に付きましては、固定資産税等の諸税と合せ「概算金」でお預かりさせていただき、登記が完了後、精算及び残額を振込にて返金させていただきます。

火災保険関係のご案内

  • 住宅ローン等の住宅融資をご利用の方は、融資のご契約と合わせて住宅についての火災保険にご加入いただきます。
  • 一般的に家財保険は火災保険に含まれませんので別途お手続きが必要となります。
  • 地震災害等に備えるため、火災保険に地震保険の特約を付けての加入もできます。

お引越予定日の確認・調整

  • お引越の日程等のご確認をさせていただきます。

⑧残代金のお支払い・物件の引き渡し

残代金および諸費用(登記関係諸費用、固定資産税など)のお振込みをしていただきます。
お振込みの確認が取れましたら鍵のお引渡しを行います。

物件価額の残代金や諸費用・税金の入金確認が取れましたら、物件のお引渡しに進みます。

⑨登記・購入物件への引っ越し

売主または当社指定の司法書士により、お客様名義で所有権 保存・移転の登記、抵当権設定登記等を行ないます。

登記手続きに必要な書類をご用意いただきます。融資・登記手続き会時に必要書類の記入等を行なっていただきますので、お引越し後の手続きとしては新しい住民票のご提出などが挙げられます。

いよいよお引越しです。